2017年05月17日

福島の子供達 歴史を学ぶー福島の現状と想いを伝えるー交流会ー表彰式ー感謝

リフレッシュキャンプ9日目の午前中は、ホストファミリーと過ごす時間。

こちらは笑瑠ちゃんの様子。

この日の夕方の交流会の準備を手伝ってくれました。


家に帰ってからも、レポートのまとめなど色々手伝ってもらい、本当に助けられました。

ランチは何が良い?と聞くと、ミートパイを食べたい!とのこと。

トリニティビーチのベーカリーのパイを
海を見ながら食べました。


美味しい!

そして、Rain Tree Shopping Center内のKumonにて
お話会です。

まずは、原田さんによる
オーストラリアと日本の歴史のお話。










子供達もじっくりと聞き入っていました。

原田さんの歴史を伝える才能は、本当に素晴らしいです。


歴史のお話を聞く度に、


日本人に対してのオーストラリアの人達の寛大さに感謝の気持ちでいっぱいになり、

また先代の方々が命がけで、築いてくださった平和の尊さ。


今、一日一日を大切に過ごすこと。

色々な想いがこみ上げてくるのでした。




休憩タイムは、OKギフトショップの
クッキーなど、大好評でした!



そして、福島の子供達のお話会で、福島の現状や今の想いを一人一人話しました。

















震災後、自然から離れていた。
ケアンズで、7年ぶりに自然と再会したような感じ。
何も気にすることなく、自然の中で過ごすことが出来て、本当に嬉しかった。


子供達の色々な話を涙ぐみながら、聞いている方々もいて(自分もですが。)

子供達の率直な想いが、届けられました。



子供も大人も、本当に色々な意見があります。


何が正しいか正しくないかではなく、

海外に出て、自然と触れ合い、色々な体験をして、色々な人と知り合い

新しくひらけた視野で(今回4名が初海外でした)色々感じている子供達が、

ありのまま感じていることを安心して、卒直に伝えられる場であったら。と思います。



子供達は、ケアンズで、色々な人に会って、話して、感じたことを大切に、

自分に何ができるのかそれぞれが考えて、口にしていました。



子供達の想いや話を聞いて、子供達も、そして

私達大人もこれから何が出来るのか、

自分の気持ちに正直に進んでいく。



いまの想いを本音でシェアしあい、

今自分にできることは何なのか?

大人も子供もそれぞれ考え、行動していく

このケアンズプロジェクトを通じて、一人一人が自分の本当の心の声に従って

一歩踏み出すきっかけになったらと願うのでした。


シェアの後は、質問会がありました。


Japan day of Hopeで大切なスピーチをしてくださった

福島出身のれいこさんも、その想いを子供達に伝えてくださいました。




豪日協会AJSのジェフさんもご参加くださいました。


この日、豪日協会さんから去年のお好み焼きイベントから$250のご寄付をいただきました。

AJSさんは、ナショナルコンフェレンズの時に私達の活動紹介のプレゼンテーションの機会をくださり、またチャリティオークションをしてくださり、皆様からの$1000以上のご寄付をくださったり、本当にサポートしていただいています。

全員ではありませんが、みんなで集合写真。


この日、お集まりくださった皆様、子供達の話を聞いてくださった皆様
本当にありがとうございました。

この日、募金箱への募金$62.25+AJSさんからの募金$250をいただきました。
福島の子供達支援の活動へと大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございました。


お話会の後は、ビーチエリアに集合し、交流会です。

日本に帰ったら
みんなともなかなか会えなくなってしまうので、めいいっぱい楽しんでいました。



あさりとり


表彰式







ウクラブの皆さんの演奏で盛り上げてくださいました。


お手伝いくださりありがとうございます〜!





子供達から、ホストファミリーにお礼を伝えたい!と、お礼を伝える時間もありました!

子供達の変化と成長に感動してしまいました><








公文のお教室を貸してくださったKUMONのまきさん

歴史のお話をしてくださった原田さん

子供達の通訳をしてくださったインガさん、ゆかさん

動画や写真撮影をしてくださったまさよさん、やすよさん

プロジェクター担当のけんさん

AJSのジェフさん

交流会でウクレレ演奏をしてくださったウクラブの皆さん

お話会や交流会に来てくださった皆様

年間を通じて、様々な形で、福島の子供達支援のサポートをしてくださった皆様

本当にありがとうございました!








子供達のこの日の感想と

ケアンズでサポートくださった方々へのメッセージです!






浜津 姫万理







藤田拡樹







近藤見時




岡部笑瑠







岩崎未来






菅野莉々子





増子愛華





金子正斗





本当にありがとうございました。



  


2017年05月15日

福島の子供達、フランクランド島へ

Smile with Kidsブログより。


リフレッシュキャンプ8日目は、

フランクランド島へ!

https://www.franklandislands.com.au/


朝早くに集合!


市内からバスで45分ほどのところで、船に乗り、リバークルーズ30分、海30分ほどで
フランクランド島へ!




震災後、福島の海では泳げないので7年ぶりの海!という子や海で泳ぐのは初めて!という子もいて、皆この日をとっても楽しみにしていました。


念願のフランクランド島に到着しました!


まずは、半潜水艦 へ。




カメにも会うことが出来て、一同、感激です!

今度は、スノーケリング

初めてのスノーケリングだったので、何度もマスクに水が入ってきたり、なかなか上手くできずに、水面で過ごす時間も長かったので、スノーケリングができて、珊瑚やお魚に会えた時は、感動なのでした。





ランチタイムは、ブュッフェ形式で、
島で食べます!





ランチ後は、島の散策ツアーか、または海で泳ぐか選べました。


福島に帰ったら海に入れないから、海で泳ぎたい。海に浸かっていたい!

と、海に入っている様子にじーんとしてしまいました。
















海!海!海!


みんながとても楽しみにしていた海。

本当に嬉しそうでした!



キャンプ最初は静かだったこうきくん、毎日スピーチを重ねているうちに、スピーチ楽しい!もっとしたい!

と、行きの船では、スタッフのジミーさん、ゆきさん、南さんへのスピーチ。

帰りは、船長や英語スタッフの方にスピーチさせていただきました。





皆のことをご招待くださったフランクランドアイランズクルーズ様

http://www.franklandislands.com.au

お世話になったジミーさん、ゆきさん、みなみさん。

スタッフの皆様、本当にありがとうございました!



Cairns Sunに載せてくださいました。
ありがとうございます。



感想

増子愛華





近藤見時





浜津姫万理




藤田拡樹



菅野りり子



岡部笑瑠



岩崎未来



金子正斗




子供達の心に残る素晴らしい時間をありがとうございました。

http://www.franklandislands.com.au/  


2017年04月21日

ファームステイ2日目は、ファームワークとスピーチ、自然の中のヨガ、料理です。

ファームステイの2日目。



ファームに到着してから、

リーダーと副リーダーを子供達みんなで相談して決めて

夜ご飯の準備や、テントをたてたり、食器洗いや片付けなど

みんなで分担しあってのファームステイがはじまりました。



なるべく子供達が、自ら考え、動いていく機会を大切にしたいと

子供達で話し合って決めたファームステイ中のリーダーは、こうきくん、

副リーダーは、笑瑠ちゃんがしてくれました。

みんなが決めた最初のリーダーは、最年長の中3の二人になりました^^



この日はまず朝ごはんの準備からはじまります。











朝ご飯のあとは、いざファーム作業へ!



この日は、ライチの木の枯れ木を取り出す作業をすることになり、

まずはジェイソンの説明をよく聞きます。



2チームに分かれて、まずは前半チームが作業開始。

木に登ったり、声をかけあったりして、汗びっしょり
よくがんばりました><








1時間以上たって、ほんと疲れたねー。みんなまだ来ないねー。と言っていると

ようやく、ほかの半分のチームが乗ったバギーが戻ってきました〜!


やったー!と今度は前半チームがバギーにのって、農場体験。

後半チームが、今度はファームワークです。



私もやったー!と思っていたら、

気づくと、引率チームも、バギーに乗って出発していた後だったので

さらに90分、後半チームと一緒に、ファームワークをがんばることに@@

ファイト!










ハードワークでしたが、暑い中、子供達とファーム作業をしたことで

暑い中、厳しいトレーニングをしていた、中高のテニス部時代を思い出し、

みんなとの良い思い出の1ページとなりました。



何より嬉しかったのが、ファーマーのマイクさんが、その日のディナーのときに

みんなが本当にたくさんの枯れ木をとってくれて、すごく助かったよ!本当に大きな力になったよ!

って言ってくれたこと。


1本1本の木をみんなでチェックしながら、掛け声をかけあいながら、

みんなで本当によく頑張ったので、農家の方にそう言ってもらえて本当に嬉しかったです。



子供たちも、こうやって食べ物作られてるんだよねー。感謝だよねー。といいながら

作業してて、私も同じ気持ちでした。




この日の午前中に、ゆきさん、まさよさん、ゆかさん、が到着し

アサートン周辺、またMTガーネットから何時間もかけて子供達に会いにきてくれたファミリーもいました!

それから、通訳などのボランティアのために、メルボルン近郊のホーシャムからご家族で来てくださったあきなさんファミリーは
ファーム1日目のツアーからご参加くださっていたのですが、この日もランチタイムに来てくださいました。

ちかさん&ジェイソンが用意してくれたソーセージシズルと持ち寄りランチのあとに

お集まりくださったママさん方へ福島の子供達からのスピーチがありました。


福島のこと、ケアンズに来て思うこと。




子供達のスピーチの様子は、こちらの動画をぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/maki.kitaimccarthy/videos/pcb.1523558077668479/1523551994335754/?type=3&theater




スピーチのあとは、ママさん方から子供たちへのメッセージ。





素敵な時間をありがとうございました。



福島の子供達、ケアンズに、ただリフレッシュのためのホリデーに来てるだけではありません。

福島の今のこと、みんなが感じていること、ケアンズで想うこと。

などみんなの気持ちを色々なところで、人に会うたびに発表する機会があります。

子供達が、ケアンズの大自然の中で、子供ならではの正直な想いを伝えられたら嬉しく思います。
















お手伝いのあとは、また2グループにわかれて、1チームは、バギーに乗って探検へ。







その間、もう一つのチームは、芝生の上で裸足になってヨガタイム。




ヨガのあと、こうきくんが、ヨガすごい!チャクラ全開だよーって言っててびっくり。
チャクラって言葉知ってるんだね?というと、高校受験で大変だったときに、ヨガがいい!と思い立ち、ヨガのことを調べたらチャクラのことが出てきたのだそう@@




みんなヨガ初めてだったようでしたが、自然の中で裸足になって、寝転んだりしながら、ヨガでリラックスしてもらえたようです。





子供達が裸足で歩けるっていいね。。。って言っている様子に、

胸がじーんとなります。


そして、夜はみんながちかさんの指導のもとつくったシチューや、ジェイソン&ちかさんが用意してくれたり、持ち寄りの豪華なディナーが並びました。



そのあとは、定番のお話会です。



夜は英語で、、、。

地元の方から色々な質問も飛び交い、福島の子供達も一生懸命に答えていました。







みなさんからの質問などゆかさんが通訳してくださいました。

まさよさんは、1日みなさんの写真撮影などをしてくださっていました。

みんなのお世話をしてくださったジェイソン&ちかさん&エミリーちゃんファミリー

ファーマーのマイクさんや、ゆきさんや、

この日、福島の子供達に会って、話を聞きにきてくださった皆様にも感謝でいっぱいでした。


また、たかさんのファームでいただいたたかさんの有機野菜も、毎日のように食卓に並びました。
どれも本当に美味しくて、生徒達も感激しながらいただいていました。



本当にありがとうございます。



自然エネルギーを開発したい!というこうきくんが、

ニックさんやジェイソンさんと、ゆかさんの通訳で、色々な話をしたそうで

福島で、自分の周りに、自然エネルギーの話できる人とか聞いてもらえる人って

あまりいないから、今日は、こんなに色々聞いてもらえて、詳しく話すことができて

本当に嬉しかった!と目をキラキラさせていたことも印象的でした。






この日の子供達の感想です。
****************

金子正斗





今日は、たくさん体を動かして、とても疲れた。でも、超楽しかった。
朝早くに2つの班に分かれ、最初にファームの中を探検し、その後は、ライチの枯れ葉取りをした。
福島では、ライチの枯れ葉取りをしたことがなかったので、貴重でした。

お昼を食べた後、クォーターバイクに乗って、爆走しました。山の上まで登って、下る時フルーツがバイクにあたって、死ぬかと思いました。
そして、バギーバイクを自分で運転しました。何かを運転するのは、自転車以外したことがなかったので、とても貴重な経験でした。
夜、自分のスピーチを発表して、どこを良くすればいいか教えてもらいとても参考になりました。そして、来てくれたみなさんと話していくうちに改めて英語の大切さを知ることができて良かったです。

この3日間色々な人との出会いがあって色々な人の考えを聞くことができて良い経験でした。

____________________

増子愛華





今日は、宿泊所のファームの手伝いをしました。

まず、私たちの班は、ファームツアーに行きました。バギーバイクにのり、帽子もとばされそうなぐらいのスピードで走り、最初は怖かったです。2回、3回目は、楽しすぎて叫んでいました。

次に1hぐらいファームの手伝いをしました。初めて木登りをしてとても楽しかったです。
みんなと一緒に笑いながらできてよかったです。ライチの木の茶色くなった葉を取る作業です。

ライチの木は初めてみて、最初は目だけが動いていて手が動いていませんでした。
最初は、みかんの木かなと思いました。初めてみて驚いたためめまいが少ししました。

夜は、お客さんが来たため、スピーチをしました。
2回目のスピーチなので、あまり緊張感がなく、スラスラできました。
1日で貴重な体験ができてとてもよかったです。あと5日あるので、残りの時間をみんなと楽しく過ごしたいです。


岡部笑瑠




3月28日今日は、1日ファームの手伝いをした。
2班に分かれて行動をした。私の班は、こうき、まさと、まなか でした。
バギーでヤギ小屋やありづかを見に行きました。
ヤギのミルクやりはヤギがかわいくて いやされました。
ファームの手伝いでは、枯れた枝をとる作業をしました。簡単な作業だけど、あつさもあって体力をつかいました。昼食後はバギー体験をした。すんごいスピードが速くて、虫や土、枝がとんできまくりました…

今日は、1日自然の中で生活して、福島でも、今はムリかもしれないけど、自然をたくさん感じながらくらすことができたらとても良いなと思った。
夕食の後にスピーチを聞いてもらった。

区切るとかろをまちがえてしまったから、次から気をつけたい。福島のことをたくさん質問してくれて、とてもうれしかった。
ここでの体験は、とても貴重でありがたいことだと思った。
______________

藤田拡樹




今日は、初体験のことばかりで体は、ついていったけど、心は、追いつかなかった。それくらい楽しかった。
まず、ファームを見学した。福島にはない景色、匂いだったし、農地面積を聞いたとき、驚きで目が飛びでそうだった。

福島ではできない、ライチの木の枯れ葉落としなどファームの仕事は全てがエクサイティングだった。
また、ジェイソンさんやマイクさんとクレイジーロードを走り、伝説を創ったことも楽しい思い出の1つだ。

夜、自分のスピーチを話し終えた後、ニックさん、こだまさん、有佳さん、ジェイソンさんとエネルギーの事に関して話し合えて楽しかったし、その話し合いに参加できたということが嬉しかった。この話し合いを通して自分の夢を叶えて今まで出会った人たちに恩返ししたいと改めて思った。そのために、自分の目の前の状況1つ1つに一生懸命取り組みたい。

_________________

近藤見時





ファームステイ Mito
2日目 ライチの枝取り
今日は午前中に、ライチの枯れ枝取りをしました。最初はとても暑かったし枯れ枝もなかなか取れなかったけど、やっていくうちにだんだん慣れてきました。最後は汗だくでとてもつかれたけど、やりきったという思いの方が大きかったです。

ファーム見学
枯れ枝取りの後はファームを見学に行きました。ヘビがニワトリを食べた後だったのでとてもすごかったです。ヤギの赤ちゃんを抱っこした時がとても楽しかったです。バギーにのってヤギの群れを見た後にえさやりをしました。

ツアー、クォートバイク、バギーバイク、ヨガ
昼食が終わった後まずバギーバイクでツアーをしました。
とても速くて楽しかったです。その後はクォートバイクを運転しました。かなりスピードが出て風になった気がしました!
最後にヨガをやりました。とても落ちついたのでよかったです。

スピーチ

夜はスピーチをしました。今日はかなり上手に話せたと思います。
福島に比べて、思い切り動けるし、空気も気持ちいのでオーストラリアはサイコー!

_________________


岩崎未来 







今日の朝ごはんはベーコンと小玉スタイル目玉焼きなどを食べました。

福島では震災後、外でご飯を食べることがないのでいい時間でした。

ご飯を食べた後、ライチの木の枯葉を取り除く作業をしました。暑くてとても疲れたけどいい体験になりました。
その後は、バギーバイクに乗ってドライブをしました。その途中にヤギにえさをあげました。ヤギにえさをあげたり、バギーバイクに乗るのは初めてだったのでとても楽しかったです。

午後はもう1回、バギーバイクでさらに遠くまで行きました。急な坂も登ったり下ったりして楽しめました。
バギーバイクを終えた後にヨガをしました。ケアンズの自然とともにリラックスできて良かったと思います。

寝る前に星を見ました。今までで1番の星空が見れました。
明日でホームステイは終了なので、短い時間を楽しみたいです。

__________________

菅野莉々子





今日は、ファームステイ2日目でした。
朝はご飯の手伝いをしました。

その後に、2班にわかれました。私の班は、ライチの枯れ枝取りに行きました。とっても暑かったし、枯
れ葉を取るのも、 なかなかとれなくて、たいへんでした。けれど、どんどん慣れてきました。汗だくでした。

次に、ファーム見学に行きました。汗をかいた後は、とってもすずしいバギーバイクに乗りました。やぎにエサをあげたりしました。とても近くによってきたので少しびっくりしました。

スピードをとっても出してくれて、とっても気持ちよかったです。
次に、ヨガをやりました。私は初めてやりました。体がかたいのでとてもつらかったです。

夜は、お客さんがきていて、英語でスピーチをしました。とってもきんちょうしました。けれど、長くなってしまったと思います。
けれど、最後まで読めてよかったです。

_________________________

濱津姫万理





今日は、朝からライチの枯れた葉を取り除く作業をしました。とても暑く、大変で、久しぶりにたくさんの汗を流しました。でも、とても楽しかったです。
その後は、バギーバイクに乗ってツアーをしました。ヤギにミルクをあげてる姿を見ることができてよかったです。
ヤギにエサをあげるとき、少しこわかったです。午後は、バギーバイクで散歩して、外でヨガをしました。2つとも、とても気持ちよかったです。

しばふの上でねたり、はだしで歩いたりなど、たくさん自然とふれ合うことができてよかったです。すごく楽しかったです。

福島では農業の手伝いをすることができません。
でも、今日久しぶりに農業の手伝いをすることができてよかったです。

*****************

以上、子供達の感想です。

前日のファーム1日目の様子の写真はこちらをご覧ください。

Nick's Plc,Taka's Frm,Malanda scl,Paronella & Leyland
https://www.facebook.com/pg/smilewithkids/photos/?tab=album&album_id=1354445254643081
" target="_blank">https://www.facebook.com/pg/smilewithkids/photos/?tab=album&album_id=1354445254643081


この日のファーム2日目の様子の写真はこちらにアップしています。

2017年3月28日 Layland Station Farmstay - Day2
https://www.facebook.com/pg/smilewithkids/photos/?tab=album&album_id=1354450361309237


皆様のサポートのおかげで、福島の子供達が大自然の中で

自分の想いを伝え、裸足で歩いたり、芝生に寝転がったり

福島ではできないことを思いきり楽しめましたこと、本当にありがとうございます。




  


2017年04月16日

エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ

福島の子供達と

エコライフのニックさんのお宅を訪問した後は、

一同、夢のお城パロネラパークへと向かいました。


パロネラパークのじゅんこさんが手配くださり、この日、えみさんがガイドをしてくださいました!


パロネラパークは、毎年、福島の子供達のことをご招待してくださるだけでなく

ジャパンディオブホープやその他のチャリティイベントの度に、ヴァウチャーをご提供くださり

たくさんのご協力をいただいていて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。








それぞれの夢を想いながら、歩きます。







ウォークの後には、ドリームレターにそれぞれの夢を描きます。



パロネラパークのマークさん、ジュディさん、じゅんこさん、えみさん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございます!



その後は、マランダのハイスクールへ。

いつもたくさんのサポートをしてくださっているインガさんの授業に参加させていただきました。






2011年3月11日のこと、その後福島で起こったことなど

前回の授業で復習してくださっていたそうで、


この日は、一人一人、福島での現状についてのスピーチタイムです。


ケアンズでホストファミリーにスピーチするという宿題はありましたが、

ケアンズに到着して、人前でのスピーチは初めて。

今回は、より早めに、日本語と英語でスピーチを用意していたのですが、

みんな、よくがんばりました!



その後は、グループに分かれ、各自、質問タイム。

インガさんが、ベジマイトサンドイッチやティムタムを用意していてくださいました。




緊張しながらも、初めて英語でみんなの前でスピーチできたことに感激し、

また地元の子供たちと交流できたときに、とても嬉しそうな福島の子供達でした。


地元の学生たちと交流できる機会を作ってくれたインガさんに心から感謝します。



この日は(も?)盛りだくさんの予定で

学校訪問の後は、インガさんのだんなさんのタカさんのファームへ。

こちらも今日のメインイベントの一つです!



たかさんに前もって、

この日、ぜひ、たかさんのこれまでに至るお話をお願いします。

とリクエストしていました。



たかさんと一緒に、たかさんの畑を見学させていただいた後は

たかさんのお話に、みんなで聞き入りました。


こちらは、たかさんの自己紹介の中のほんの一部の動画です。


https://www.facebook.com/maki.kitaimccarthy/videos/1514533865237567/?l=1659333958775472870


改めて、ケアンズという場所って素晴らしいんだな〜って思ったり、
ケアンズにたかさんのような方がいてくださって、本当にすごいことだなーっていう気持ちになります。



たかさんは、24歳のときにワーホリで、オーストラリアに来て

とある一つの出会いから、アースウォークに参加することになったのだそう。


世界平和と

核のない世界。



という二つの目的を持って歩くピースウォークに参加して

オーストラリアのウラン鉱山のあるの地を中心に、ひたすら歩いたのだそう。



まだ若くて、オーストラリアに来たばかりのときに

ピースウォークに参加したことで、それまで知らなかった扉が開き、視野が広がり、

その後、日本でもピースウォークに参加して、原発のある場所などを歩いてまわったことなどを

話してくださり、そのたかさんの話に子供たちも真剣に聞き入っていました。



奥さんのインガさんとは、ピースウォークに参加したときに

知り合ったのだそう。



お二人とも本当に意識が高くて、話す度に

本当に色々なことを教えてもらっている存在です。




そして、ネットとかだけでなく

実際に色々な人に会ってみてほしい。


一度会った人のことは忘れない。


人のご縁ってどこでどんな風につながるか全くわからない。

一人一人の出会い、ご縁を大切にしていってほしい。



僕も、自分のできること


この土地で、安全な野菜を育てたい。

子供達に安全な食べ物を届けたい。


震災後、福島の子供達にぜひ来てもらいたいと思っていた。



ということなど、

穏やかに、とても静かに、情熱と温かさを秘めたたかさんのお話に

みんな聞き入っていたのでした。



また、たかさんより、


みんなが福島で経験したことは、本当に大変で辛いことだったと思う。

そして今みんなにできることは、何かというと

もし可能だったら、色々な経験をしてきた皆ならではの話を一人での多くの人に伝えていくこと

それがとても大切なことだし、みんなができるすごいことだと思っている。


もちろん、無理にする必要はないし、話したくなかったら話さなくてもよい。


でも、もしできることだったら

みんなだから話せる経験を一人でも多くの人に伝えていくことで、

平和な世の中につながっていったら。と願っています。













たかさんのお話の後には、ひとりひとり

たかさんの話を聞いての感想とたかさんのメッセージを伝えました。



みんなのメッセージや想いを聞きながら

たかさんの温かいメッセージが、子供達の心の中にとても大きな大切なものを残してくれたようでした。




このタイミングで、福島の子供達がたかさんに会えて、お話を聞くことができたことにありがたい気持ちでいっぱいになりました。


素晴らしい機会をくださった
たかさん、インガさんファミリーに
心から感謝します。


_________

ご縁ということを考えてみると

たかさんとの出会いは、今から4年前のジャパンディオブホープでした。


エッジヒルの学校をはじめてお借りしてイベントをさせていただくときでした。


朝早くの朝一から、手ぬぐいをして、一生懸命手伝ってくださった方がいて

イベントの最後まで、すごく手伝ってくださって、本当にありがたくって、お礼だけはしっかり伝えたものの

後から、一体、あのすごく一生懸命手伝ってくださった方は???と思ったときに

一枚のアンケートが目にとまりました。



有機野菜を作ってます。何かお手伝いできることがあればいつでも声をかけてください。

と書いてあって、きっとあのてぬぐいの方に違いない!

と、すぐに連絡させていただいたのでした!



当時、住んでおられたヤンガバラから、はるばると@@

バンニングスでのソーセージシズルのときに一緒に手伝ってくださったり



その後も、ジャパンディオブホープの度に、有機野菜の販売や自家製お味噌でチャリティ出店してくださったり

去年から、福島の子供達とたかさんのファームに訪問させていただくようになって



また、福島の子供達が来たときも、福島の子供達に食べてもらえたら。。。と

有機野菜をご寄付くださったり。。。

インガさんには、子供達の作文の英訳や、通訳などで
毎年、本当にお世話になっています。


たかさんの有機野菜は、本当に美味しくて、新鮮で、心を込めて作られているのだな〜ということが

本当に伝わってきて、感動します!




たかさんのおいしい有機野菜は、

マル優さんで、週に2回、販売されていますので、たかさんに会うことができますので、ぜひ行かれてみてください!





この日の生徒さん方の感想です。

写真だけで読めるかな?というものは、文字を書き出してみました。

生徒達の感じたこと、読んでいただけたら嬉しいです。

____________________________


藤田拡樹







一度、ファミリーと別れた後、エコライフを営むニックさんの家に訪れた。


最も印象的だったのが、100%太陽光で生活していることである。

医療目的以外でnuclearを使うことは、あまりよろしくないというニックさんの考えに共感した。


さらに現地の中学生とも交流することができた。

福島のことについて、オーストラリアの中学生が一緒に考えてくれたことがとても嬉しかった。

今回会った中学生にまた会いたい。



夢のお城パロネラパークにも行った。福島にはない建物ばかりで驚いた。

ガイドさんから、ホゼ・パロネラの生涯をかけて自分の夢をかなえようとする
姿勢を聞いて、自分もホゼ・パロネラのように、夢の達成のために努力し続けようと思った。


昼食はブレッドだった。昼食を食べながら、未来の自分を考えていた。
今回の体験を生かせるそんな職業に就きたいと思った。

その後、たかさんの有機栽培の農場へ行った。
たかさんの話は、とても興味深く、ぼくの心を引きつけるものがあった。


たかさんの人々のために、自分から行動する

ということを僕達は見習うべきだと思う。


そして人と人とのつながりを考えたとき、あいさつも、その1つだと思った。

だから、これからのオーストラリアの生活の中で、あいさつ、感謝の気持ちしっかりやり、

人と人とのつながりを広げていきたい。


______________________


岡部 笑瑠




今日は朝早くからピックアップだった。
オーストラリアでの空は、日本よりもとても広く感じられて、星がとってもキレイでした。

ニックさんのお宅は、日本のソーラーや中国のソーラーなどいろんな国の機会があった。

水も雨水でつくっているらしく、自家発電もしていて、ワイルドだった!

近くの川やニックさん家の庭の木は、とても大きくて壮大だった。


日本やその他の国、福島でも、難しいかもしれないけれど、

少しでも太陽光などの再生可能エネルギーを多く採用していければ

もっと良い生活を地球上でおくれるんじゃないかという考えを持つことができた。


電気で充電するバイクは初めて見たからびっくりした。


パロネラパークでは、一気に気温と湿度が上がった。。。


ホゼさんがひとりで70%くらい、お城を完成させたと聞いて、

長い間自分の目標に向かって努力していたと聞いて、福島の復興も少しずつでもいいから、

目標を失わずに進んでいきたいと思った。


パークを見た後に、スコーンを食べながら、1年後の自分宛てに手紙をかいた。

1年後の自分は、手紙を見てどう思うのかなあ??


学校でスピーチをした。少し短くしたけど、読むのが速くなってしまった。

感想も簡単なものになってしまった。


次からはもっとがんばりたい。



その後、たかさんの有機栽培ファームに行った。

タカさんたちの話を聞いて、人とのつながりやチャンスを自分のものにすることの大切さを改めて知った。

本当に感謝することがいっぱいだった。



マリーバファームでは、夕食の手伝いやマシュマロ焼きがすごく楽しかった。

キャンプファイヤーはすごく久しぶりだった!



今日は1日、たくさん英語や感想を話した。

自分の意見や情報をもっとしっかり伝えていきたい。

____________________


濱津 姫万理






今日はニックさんの家に行って、パロネラパークに行き、学校に行って

たかさんの有機野菜について聞いたりなど、たくさんしました。

移動時間が多かったので、少しつかれました。


ニックさんの家


電気で動くバイクなど初めて見たものがたくさんありました。

ニックさんは、ソーラーパネルが高いころから、太陽光発電をしてると聞いて驚きました。

時給自足の生活をしているニックさんが格好いいと思いました。

節電について考えさせられました。


パロネラパーク

パロネラパークでは、鯉にえさをあげました。多くの歴史を学ぶことができてよかったです。

スコーンおいしかったです。


学校

自分よりも歳下の子供達の意見を知ることができてよかったです。

ベジマイトは、少し苦手です。でも挑戦できてよかったです。

スピーチあまりきんちょうせずできました。


たかさんのファーム

ウランの話しなどたくさん聞くことができてよかったです。
ピースウォークという物を初めて知れたので、もっとよく知りたいです。

また「人とのつながり」を大切にしたいです。

次、オーストラリアに来たら、また訪れたいです。

貴重な体験ができてよかったです。

Thank you very much.

______________________________


近藤見時





今日はまず、最初にニックさんの家をほう門しました。

ソーラーパネルがたくさんあり、自給自足の生活をされていました。

とくに印象深かったのが、プラグで充電できるバイクです。

70km以上出せると聞き、とても驚きました。



次にパロネラパークでは、ホゼのたきやしろに対する強い思いが感じられました。

あと、魚にえさをあげるのは、とても楽しかったです。

マランダ村の学校では、自分より小さい子達の意見を知り、英語のスピーチもしました。

とても共感しながら聞いてくれたので、おどろきながら、とてもうれしかったです。



タカさんのファームでは、日本がウランの3割を輸入していることを知りました。

ピースウォークという活動を初めて知った時、ぼくも平和の活動に積極的に参加したいです。


Thank you very much for today!

________________________________


岩崎未来





今日は、4時半頃に起きて、みんなと集合しました。

そして初めに、ニックさんの家に行って、ソーラーパネルを見てきました。

再生可能エネルギーを使った生活を見て、日本だけでなく、世界中で再生可能エネルギーを広めていくべきだと改めて思いました。


その後、パロネラパークに行きました。ホゼは一生懸命にお城を建てて

自分の夢を叶えていました。

まずはしっかりとした自分の夢を決めてそれに向けて頑張っていきたいです。

その後、学校に行きました。

中学1年生の授業の中で、私達はスピーチをしました。みんなが真剣に私たちの話を聞いてくれて、その姿勢が素晴らしかったです。

日本では他の国のことに興味を持つ人は少ないけど、

たくさんのことに興味を持って知ろうとすることは大切だと思ったので

私も興味を持ったら自ら調べたりしたいと思います。



その後に、たかさんの畑に行きました。人と人との繋がりを大切にすれば

それが後の結果として返ってくるので、人を大切に、いろいろな人と関わっていきたいです。


最後に、2日間滞在するファームに行きました。夜ご飯にステーキを食べ、満足しました。

明日もファームステイなので、福島では出来ないようなことを積極的にしたいです。

___________

金子正斗






今日は、朝早くに起きて、家の前にとまったハイエースに乗って、みんなでニックさん宅へ向かった。

ニックさん宅では、再生可能エネルギーについて教えてもらった。

原発の後、福島県は、県内の電気を全て再生可能エネルギーでまかなおうとしていることを思い出して、共感することがたくさんあった。

僕も、将来は、ニックさんのようなエコライフを送りたい。

ニックさん宅を出発した僕らは、夢のお城パロネラパークへ行った。


城を作ったホゼさんの「夢のためにあきらめずに努力する心」を大切にしたいと思う。

僕の夢は、海上保安官なので、決してあきらめない心、努力する心で叶えたいと思う。いや叶える。


そして、学校へ行き同世代の子と交流した。

同世代の子がどんな事に興味があるのか気になったので聞いてみた。
すると「妖怪ウォッチ」と答えたので、日本時とは、感じかたが違うのかなーと思った。

その後、タカさんのファームに行った。タカさんの武勇伝
を聞いて、僕より年下のこがピースウォークに参加していたという話を聞いて、僕もできることがあったら積極的に実行しようと思う。

(たかさんが若いときに、日本のさつぽろから九州の長崎まで歩いたこと
核無き世界を目指して歩いた経験)

夜は、ジェイソンが焼いたステーキを食べた。おいしかった。

でも、おいしいだけではなく色々な人が僕達のためにがんばっているということを改めて知ることができてよかったなと思う。

この3日間学んだことがたくさんあって、これからの生活に生かしていければいいなと思う。

福島ではできないこともたくさんチャレンジしたい。


増子 愛華





菅野莉々子





_______________________

パロネラパーク
http://www.paronellapark.com.au

マランダのオーガニックファームのたかさんは、
ケアンズのオーキッドプラザ2階のマル優さんで、毎月第2と第4週土曜日の12時〜売り切れるまで
有機野菜を販売されています^^(日時については、事前にマル優さんのページでご確認ください)

マル優
https://www.facebook.com/Maruyu-Cairns-Japanese-Convenience-Store-1455737344696318/


そして、
この日、朝の5時くらいから、1日中、ケアンズ→パロネラパーク→マランダ→マリーバと長距離をドライブしてくださったのは、
Play Earthのベンさんです。

http://www.play-earth.info/australia-life

2台の車で行くか、バスを借りてみんなで一緒に行くかなど色々悩んでいたときに
バスの運転をしてくださることになり、レンタカーの手配までしてくださって本当にありがたかったのでした!

オーストラリアで夢を叶えたい方を全力でサポートしてくれますよ!


1日、長距離の移動ではありましたが、福島の子供達と一緒に
本当に素晴らしい方々に会って、色々なお話が聞けて、感謝でいっぱいでした。


この日から2泊、マリーバのファームステイがスタート。

早速チームになって、テントをたてたり、お皿洗いをしたり、色々とお手伝いもはじまります。
  


2017年03月27日

福島の子供たちが無事にケアンズに到着しました!

25日の朝、福島から8名の子供達が無事にケアンズに到着しました。

こちらは、出発前の成田空港での様子。(引率こだまさん撮影)

ケアンズでは、毎日のように、地元の人にスピーチする機会があるのですが、
その練習を初対面の方にさせていただくのも、ほぼ恒例となってきています。

On the morning of March 25th, eight kids from Fukushima safely arrived in Cairns.
Here they are at Narita airport just before the departure (photo credit: Kodama san, facilitator)

During their stay in Cairns, they get to share their messages with the local people almost on daily basis.
Well, now they get to practice their speech with people they meet for the first time even before they arrive - something that’s becoming part of the program year by year.




















ケアンズ空港では、

少し遅れたようなのと、混んでいたので、

当初は、空港で1時間のオリエンテーションをしてから、ホストファミリーが迎えに来る予定でしたが

みんながゲートに出てきたのは、ファミリーが迎えに来る10分前でした@@

しかも引率のこだまさんは見当たらず、子供たちが8人で。。。

こだまさんは?と聞くと、こだまさんだけ荷物の点検を受けているそうで時間がかかっているようでしたので
先に子供達と集まって


サイクロンがこないようにみんなでお願いしましょう。

ホストファミリーのお手伝いをしっかりしましょう。

旅程の隼での和菓子のオーダーをとったり

感想用の紙を渡したりしてると

あっという間にホストファミリーが到着!




ではまたね〜!

ケアンズ楽しんでね〜!


とみんなそれぞれの車でホストファミリーのおうちに向かいました。

At the Cairns airport:
The initial plan was that there’d be one hour orientation before the host families arrived.
But their arrival was slightly delayed and the place was rather crowded…
So by the time they came out of the gate, we had about ten minutes to go though the points…

When they came out, all the kids came out together but one was missing - Kodama san, the facilitator.
…Where is he?

The kids explained that he was held up at the customs.

While waiting for him…

-“Let’s hope the cyclone stays away
-“Let’s be proactive in helping out at the host family’s place
…And taking orders for Hayabusa Japanese sweets store, passing out the paper for their diaries…

In no time, the host families came to pick them up!

See you everyone, enjoy Cairns! And off they went.


それぞれの中学生たちに決意や目標はこちらです。
The kids shared what they hope to get out of the trip:


須賀川市立第一中学校3年 藤田拡樹
 思いっきり楽しむのはもちろんですが、このような体験が出来るのは滅多にない事なので、オーストラリアでの経験を通して、オーストラリアの慣習や文化を学ぶとともに、福島県の現状をしっかり伝えられるようにしたいです。また、外国人と話す際は相手に意味が伝わるように、わからない単語が会話の中で出てきたとしても、途中で諦めず、初志貫徹のおもいで頑張りたいとおもいます。私たちのために様々なことに関して協力してくださっている方々がいるということを忘れずに、感謝の気持ちを持って、行動していきたいと思います。


二本松市立二本松第三中学校2年 近藤見時
 今回のプロジェクトではホストファミリーとのコミニケーションを中心に、自分自身の英語力をあげたいです。
また、このような体験は、なかなかできないと思うので、思いっきり楽しむと同時にオーストラリアの歴史を学び、福島の現状をしっかり伝えたいです。


福島県立会津学鳳中学校1年 金子正斗
 このプロジェクト中に英語の発音に気をつけながら生活したいなと思います。また、オーストラリアでしか学べないことがたくさんあるのでしっかりと学びたいと思います。そして、僕たちのためにたくさの方が支援くださっていることを忘れずに、思いっきり楽しみたいと思います。


郡山市立高瀬中学校2年 濱津姫万理
 今回のプロジェクトでは、英語力向上に努め、自分の意見をしっかりと持ち、その意見を英語で相手に伝えるということが出来るようになりたいです。また、オーストラリアの学校ではどんな教育をしているのかなど、自分の将来に役立つ事を学んできたいと思います。支援してくださった人、家族に感謝して、短い10日間を思いっきり、悔いの残らないように過ごしたいです。


福島市立信陵中学校2年 岩崎未来
 今回のプロジェクトで私は初の海外なので、まずは英語を積極的に使うことを目標にし、ホストファミリーと深く関わりたいと思います。また、日本とは異なった文化や考え方を見つけ、今後の生活に生かしたいです。私たちのために支援してくださった方がたくさんいることを忘れずに、その多くの方々に感謝しながら、短い10日間を充実したものにしたいです。


郡山私立第三中学校1年 増子愛華
 今回のプロジェクトで、私は積極的に英語を話したいです。とても人見知りで初対面の人と話すのが苦手なので、頑張りたいです。スピーチでは、ゆっくりと声を大きくして、相手に伝えていきたいです。ホームステイ先の人とたくさん話したいです。コアラを抱っこするのが楽しみの一つなので、ワクワクしています。


白河市立白河第二中学校3年 岡部笑瑠
 オーストラリアから見た日本や福島の姿を、日本に帰ってきてしっかり伝えられるようにケアンズでは福島の現状を深く伝えていきたいです。英語の上達に努め、現地の人に積極的に話しかけて、日本とケアンズの文化や生活習慣の違いをしっかり体験していきたいです。オーストラリアを全力で楽しんでいきたいです。


福島市立北信中学校1年 菅野莉々子
私は、初めての海外体験で英語にも自信はないですが、ホームステイ先で積極的に英語に挑戦して話していきたいです。世界遺産のグレートバリアリーフでのスノーケリングが初めての体験なので、とても楽しみにしています。東日本大震災から6年が過ぎ、私が体験した福島での原発事故の体験を頑張って伝えていきたいです。

Koki
“I want to make the most out of it! This kind of opportunity (to come to Cairns) is hard to come by. Through the experiences I will gain in Australia, and as I learn about the customs, practices and culture of Australia, I also want to be able to communicate well about situations in Fukushima. Also, when I speak with the local people there, I’ll do my best to reach some kind of understanding. Even if there will be words that I won’t understand in the conversations, I don’t want to give up half way. I also want to acknowledge that it (this Cairns refreshment camp) has been made possible thanks to the support of so many people, and for that reason, I want to spend the coming week with an attitude of gratitude.”

Mito
“My focus would be on communication with the host family. I really want to improve my English language skills. Also, this kind of experience is so rare and precious, so I really want to enjoy myself! I also look forward to learning about Australian history and to sharing about the situation in Fukushima right now.

Masato
“In this trip, I’ll be paying attention to the way I pronounce English words. There are so many things that I can only learn by coming to Australia, so I really want to soak it all in. I’m mindful that this program has been enabled by support from so many people. I want to make the most of it!

Himari
“I would love to see my English skills improve during this program. I want to be able to have my own thoughts and ideas about different things, and to be able to express them clearly in English. I’m curious about what Australian education is like, and generally to learn about things that would be helpful for my future. I’m thankful to my family and everyone who helped to make this happen, and with that in mind, I want to spend each day of the next ten days fully and without any regret!

Miku
“This is my first overseas trip! My main goal is to be proactive in speaking English, and build meaningful relationships with my host family. I would like to find out more about Australian culture and Australian ways of thinking that are different from Japan, and to apply that learning in my future. I’m grateful that many people have supported this program, so I want to make the most of the next ten days!

Manaka
“During this trip, my aim is to be proactive in speaking English. I take time to open up and speaking with people I met for the first time is an area I’m growing in. When I make a speech (as part of this program), I want to speak slowly but loudly so it’ll be easier for people to understand. I would love to talk a lot with my host family. I also look forward to cuddling a koala!

Himari
“I’m interested in looking at Japan and Fukushima from the viewpoint of Australia, and to be able to share that well when I return to Japan. In Cairns, I would like to share about the situation in Fukushima in depth. I’d like to see my English skills improve, and to be proactive in speaking with the local people there. I also want to experience the differences in culture and customs between Japan and Australia. I really want to enjoy Australia as much as I can!

Ririko
“For me, this will be my first overseas trip. I’m not very confident about English, but I want to give it my best shot when I’m with my host family. It’ll be my first experience to snorkel in Great Barrier Reef, which is listed as the World Heritage, and I really look forward to that. Six years have passed since the Great East Japan Earthquake, and I want to do my best in sharing about my experience of the nuclear power plant accident in Fukushima.



到着して、すぐにそれぞれのホストファミリーのおうちに向かったみんな。

それぞれの週末を楽しんでいたようです。

Straight after arriving, they each went to spend time with their host family enjoying the weekend:











今日はパロネラパークや学校訪問を経て、3日間のファームステイ体験です。

福島で色々なことを感じながら過ごしている子供達が

ケアンズの大自然と人々とのふれあいの中で、素晴らしい体験ができますように。



そして、たくさんの方にみんなの話を聞いてもらえたら嬉しいです。


****************

子供達ケアンズ滞在中
Come and meet the kids during their stay in Cairns

3月30日(木)14時20分〜 エッジヒルのヴィレッジカフェにてお茶会します。


4月1日(土)は、12時半〜 14時 原田さんの歴史のお話

14時半〜16時 福島の子供達のお話会です。

17時〜 BBQ交流会も予定しています。

よかったらぜひ福島の子供達に会いにきてください。

Thursday, March 30th 2.20pm- Tea time at Village Cafe on Collins, Edge Hill

Saturday, April 1st
- 12.30pm-2.00pm Australia-Japan history talk by Mr Harada (in Japanese only)
- 2.30pm-4.00pm Sharing by kids from Fukushima

You’re welcome to come and meet them. If you’re interested, please contact us in advance (email address and mobile number below):


参加くださる方は、人数把握のために
smilewithkids8@gmail.com
0403-112-116

までご連絡ください。

ありがとうございます^^  


2016年12月22日

60's ジャムセッション&クリスマスチャリディライブ、Xmasカードwsのご報告

先日、12月17日の

60’ジャムセッションとクリスマスチャリティライブの様子です。


まずは、Z Crewのズンバからスタート!







ズンバで、すごく盛り上がりながらのスタートです。

そして、煌 -FUN-のよさこいダンス







やっぱり格好いい!


ラストはみんなで一緒によさこい、すごく楽しそうでした!


こちらは和バンドのみなさんの演奏


オリジナル曲も素晴らしくって、全国ツアーに出たらよい〜!という声も。



そして、ハンナちゃんの卒業ライブ。





相変わらずハンナちゃんの演奏も素晴らしかった〜。

ウクラブの皆さんによるクリスマスソングもとってもステキでした。






子供達によるクラシックのクリスマスソングの演奏も、とっても素晴らしかったです!


それからまた歌の上手な方々が、次々と素晴らしい歌を歌ってくださいました〜!
ジャムセッションは、7時まで続き、どの歌もとても素敵で、聞き惚れてしまいました。










ベンさんとゆかさん。Hayabusa of Kurandaの和菓子も大好評でした!


Mojo Workshopさんが、皆さんにお声がけくださり、ギャレージセールをしてくださいました。
この日、ソーセージシズル用のグローブを忘れてしまって、買いに行こう、、、と話していたところに
ギャレージセールで、グローブが売っているということがわかり、びっくり@@とても助かったのでした。
ありがとうございました!

そして、

セルべーションアーミーさんからのご寄付のアイスクリームを和バンドのしんたさんが、たくさん〜ご寄付くださり
そのときいらした会場の皆さんに無料で配ってくださったのでした@@

感謝します。


スマイルウィズキッズでは、ソーセージシズルやドリンク販売、パステル和アートのカード販売をさせていただいていました。



******************
ジャムセッションとコラボしてくださった60’sさん、

場所の手配やセッティングをしてくださった皆様、

素晴らしいパフォーマンスをしてくだった皆様、

お越しくださった皆様

お手伝いくださった皆様、

本当にありがとうございました!

________________________

この日の収益は、(集計が出ているものを先にアップします)

ソーセージ&ソフトドリンク販売    $218

パステル和アートカード販売      $70

くり茶屋 本販売募金         $59.50

Mojo Workshop ギャレージセール   $45

募金箱への募金            $48.85

___________________________________


Total $441.35

となりました。


皆様のご協力、本当にありがとうございます。

福島の子供達支援の活動に大切に使わせていただきます。



*************************


また、20日には、クリスマス企画第2弾として

Origami Cairnsのゆかさんが企画してださった

クリスマスチャリティ
折り紙&パステル和アートで作るクリスマスカードWS

がありました。


その時の様子はこちらです。





















Origami Cairnsさんのサイトにも写真をアップしてくださっています。


折紙とパステル和アートで、クリスマスカードを作成したあとは

ウクラブの皆さんによるクリスマスソングの演奏があり、

お茶&お菓子タイム。


クリスマス気分いっぱいの楽しい時間でした。


この日は、皆様からの参加費$90(からカード代コスト$8を引いて$82)と募金$20の合計$102をお預かりしました。

福島の子供達支援の活動へと大切に使わせていただきます。



オーガナイズくださったゆかさん、お越しくださった皆様

お手伝いくださった皆さん、素敵な演奏をしてくださったウクラブの皆さん

本当にありがとうございました。



**********************



クリスマスチャリティライブ

そして、クリスマスカードWSにご協力くださった

皆様にたくさんの感謝を込めて。



  


2016年11月21日

虹と共に、お好み焼きイベント、ありがとうございました。

日曜日のファンドレイズお好み焼きイベントの様子です。

小雨が降ったり止んだりしていたので、大きくて綺麗な虹が何度か出現

一回目の虹。





そして、ダブルレインボー。


おおき〜な虹がかかりました。



AJSさんのスペシャルレシピで、用意してくださったお好み焼きは、本当に美味しかったです!
皆さんから大好評でした!


お手伝いくださったまみさん、ゆきさん、みずきさん、もえこさん、皆さん
本当にありがとうございました!

色々お話しながら、お好み焼きを作って
とても楽しかったです。


ガスによっては、すぐに焼ける所もあったり、
ゆっくりながら、コンスタントに焼いてくれるところもあったりで
それぞれの特徴があって、面白かったです。

みんな違って、みんないいんだね〜
って
BBQ達から教えてもらいました^^



オーストラリアと日本の旗を見て、飛び入り参加してくださいました。


AJSさんのプログラムで、もうすぐ日本に行かれるお二人です♪


何から何までオーガナイズしてくださったAJSさん、お越しくださった皆様、
お手伝いくださった皆さんに感謝です。


ケアンズとオーストラリアの虹の架け橋が
応援してくれているような、温かいイベントでした。




感謝を込めて。

  


2016年11月20日

お好み焼きイベントは本日です!

豪日協会さんが、毎年されているお好み焼きイベントに

去年と今年、スマイルウィズキッズも一緒に呼んでくださいました。

収益の半分は、福島の子供達支援の活動費となります。



AJSさんは、AJSナショナルコンフェレンスでも、

スマイルウィズキッズの活動紹介のプレゼンテーションの場を作ってくださったり

リフレッシュキャンプやジャパンディオブホープにもご協力いただいたり、

福島の子供達支援の活動をたくさんサポートしていただいています。


本当に感謝です。


そのAJSさんとのお好み焼きイベントは本日開催です。


11月20日(日)16時半〜19時半
エルプラネード ピア横 スリーシスターズBBQ
(ヘリコプター乗り場の近くです)


詳細はこちらをご覧ください!
https://www.facebook.com/events/1832472403703288/


ご予約なしで、当日参加ウェルカムです








美味しいお好み焼きを食べにいらしてくださいね。


豪日協会さんのWEBはこちらです。
http://www.ajsfnq.org.au

スマイルウィズキッズはこちら。
www.smilewithkids.com.au

  


2016年11月14日

総会とホロウェイズビーチ出店

今日は

月が地球に最接近するスーパームーンの日であり
しかも68年振りに最接近するというウルトラスーパームーンの日。







ケアンズ時間 21時21分(日本20時21分)月が地球に最接近のとき。



満月をむかえてウルトラスーパームーンになるのがケアンズ時間23時52分(日本22時52分)。

見えなくても、満月のエネルギーを感じるだけでも素晴らしいです♪



*************

こちらは先週末。

土曜日は、スマイルウィズキッズの総会がありました。


遠く、パロネラパークやアサートンから来てくださった方々も。

いつもお世話になってばかりの皆さんと、

来年度のJapan day of Hope やリフレッシュキャンプのこと、色々なトピックについて話し合いました。


本当に感謝です。



活動を続けていく上で、こういうことを大切にしたい〜ってことも、話し合いました。






自分の心の正直に、楽しみながら、まずは自分が笑顔になって

子供達の笑顔を広げていけたらいいな〜。って思います。




ミーティングの途中から、お茶会です。

お世話になりっぱなしの皆さんに感謝の気持ちと共に、色々つくりました。













4年前のこの日11月14日は、金環食だったとのこと@@


その写真撮影をしに来られたアースウォーカーズのこだまさんや福島の学生さんの話を聞いて

福島の子供達の現状やその想いを知ったことがきっかけとなって、福島の子供達支援の活動がはじまりました。


偉大なる自然が運んでくれたご縁なんですね。


お月様や自然のパワーも子供達の笑顔を広げる活動を応援してくれているような気がしているのでした。



翌日の日曜日は、Smile with KIds ブース、ホロウェイズビーチのマーケットへの出店。

いつもかおりさんとまさよさんが、出店くださっているホロウェイズビーチのマーケットです。








じゅんこさん、まさよさんありがとうございました!


こういう出店をしてていつも思うこと。
立ち寄ってくださる方々とのふれあいは温かくてありがたかったです。


お立ち寄りくださった皆様、サポートしてくださった皆様に感謝です!
ありがとうございました。
_________________


11月20日(日)16時半~19時半 エスプラネード(ピア横)にて
AJSさんとスマイルウィズキッズ共催でお好み焼きイベントを開催することになりました。

よかったらぜひ美味しいお好み焼きを食べにいらしてくださいね^^
https://www.facebook.com/events/1832472403703288/

_________________


今日も読んでくださりありがとうございます。





  


Posted by Smile with Kids at 22:43Comments(0)活動報告

2016年11月04日

Smile with KIds総会のお知らせです。

スマイルウィズキッズの総会のお知らせです。



11月12日(土)にケワラビーチエリアにて開催します。


1時半〜2時半   総会

2時半〜3時半   お茶会(お茶とお菓子をお楽しみください)



総会では、活動報告や、会計報告、ケアンズプロジェクトや、今後の活動予定について

皆様にご報告させていただくと同時に、

皆様からのご意見やアイディア等もお聞きできたらと思っています。



ご参加くださる方は

smilewithkids8@gmail.com
0403-112-116

までお知らせください。その際に住所をお伝えします。

ご協力に感謝です。



ありがとうございます。




  


Posted by Smile with Kids at 12:03Comments(0)活動報告会計報告