2017年03月30日

福島の子供達とエコや環境について考える

3月27日(月)
(English below)

ケアンズプロジェクトに参加中の、福島の子供達と内容の濃い日々を過ごしていました。



子供達がそれぞれホストファミリーとの週末を過ごした後は、

3日間のファームステイへ。



マリーバのファームに行くまでに。本当に色々なところに寄っていきました。

まず、最初は

電気関連のお仕事を長年されていて、今は大自然の中で

水や電気などのサービスのない環境で、エコライフを実践されているニックさんを訪問させていただきました。



ニックさんは、ターザンカフェさんで、Smile with Kids の活動のことを知ってくださり
子供達がきたら、ぜひうちにどうぞ!と言ってくださったのでした。


ケアンズでも、ソーラーパネルの第一人者のニックさん。


水は、ピュアなレインウォーターを、
電気はご自分で設置したソーラーパネルを使われています。

バイクは、ガソリンではなく、コンセントで充電して走らせています@@


地球はたった一つだよ。そこに沢山の人が住んでいる。

温暖化だってどんどん進んでいる。


人間一人一人が、今こそ、地球のことをよく考え、環境に良い選択をしていったらよい。

すでにある水や太陽、風などの資源をエネルギーとして使っていきたい。



電力関連の仕事を長年してきたからこそ、原発、原子力のリスクや危険性はよく分かる。

地球上に、あることに無理がある。

何もないときはそれでよいかもしれないが、何かあったときのリスクが大きすぎる。

僕は、原発があることに反対だ。



みんなでピュアな雨水を飲ませてもらったり

ニックさんと話したりしながら、

環境にやさしいエコライフを実践しているニックさんから

色々なことを教えてもらいながら、交流した時間でした。



参加者の一人こうきくんは、将来、自然エネルギーを開発したいという夢を持っていて

中でも生き生きと目を輝かせながらニックさんのお話を聞いていました。

We’ve been spending time with children from Fukushima who are participating in the Cairns retreat programme, and there has been some time of reflection on what it might mean to think about the environment and pursue ecologically sustainable life.

After the children had some time with their host family, they went onto a three-day farm stay experience.

Before reaching Mareeba, we visted many places.

Firstly, we visited Nick. After working in the field of energy and electricity for a long time, he is now living an ecologically self-sustained life in an environment where there is no provision of water and electricity services.

Nick first came across our Smile with Kids project at Tarzan Café, and he kindly suggested that we can visit his house when children came to Australia next.

Nick is the first person to install solar panel in Cairns.

For water, he uses filtered rain water.
To generate electricity, he uses solar panel, which he installed himself.

To run his motorbike, he does not use petrol, but charges it and runs on battery that he made!

“There is only one earth.
On this earth, there are many people living on it.
Climate change is happening.
It will be good if each person thought carefully about the earth and made decisions that would be good for the environment.
It will be good to rely on resources such as water, sun and wind for energy.
Having worked in the field of electricity for a long time, I understand the risks and danger that are involved in nuclear energy as well as operating nuclear energy plants.
There is a limit to pursuing this kind of energy on this planet.
It all appears fine when there is no trouble. However, when something bad happens, the risk is too big to handle.
I am against nuclear energy.”

Nick let us drink pure, filtered rain water. We chatted to Nick and learnt a lot from him about how to live an ecologically sustainable life.

Koki, one of the participants, has a dream of developing sustainable energy in the future. He listened to Nick’s sharing with twinkling eyes.









ホストファミリーとの週末の後は、
こうして、リフレッシュキャンプがスタートです。


たくさん書きたいことやあふれる想いがあるのですが、

毎日早朝から夜まで動き回っていて、なかなかアップする時間がなく><

あと数日ではありますが、

福島の子供達がケアンズにいる間に、ぜひ

子供達にあって、子供達の想いを聞いてもらえたら嬉しいです!


4月1日(土)の

12時半〜14時 原田さんによる日本とオーストラリアの歴史のお話(日本語)

14時半〜16時 福島の子供達によるお話会(日本語&英語)




があります。


参加費は、無料です。

(入り口に募金箱がありますので、ゴールドコインやお気持ち分を募金いただけたら幸いです。
すべて福島の子供達支援の活動へと使わせていただきます。)

ありがとうございます。

感謝を込めて。



同じカテゴリー(平和)の記事画像
Eco Fiestaに行ってきました。
福島の子供達 歴史を学ぶー福島の現状と想いを伝えるー交流会ー表彰式ー感謝
ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield
ファームステイ2日目は、ファームワークとスピーチ、自然の中のヨガ、料理です。
エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ
Japan day of Hope 2017 いよいよ明日です。
同じカテゴリー(平和)の記事
 Eco Fiestaに行ってきました。 (2017-05-29 10:01)
 福島の子供達 歴史を学ぶー福島の現状と想いを伝えるー交流会ー表彰式ー感謝 (2017-05-17 07:53)
 ファームステイ3日目ー隼ーコアラガーデンーSushi Train Smithfield (2017-04-27 10:50)
 ファームステイ2日目は、ファームワークとスピーチ、自然の中のヨガ、料理です。 (2017-04-21 18:58)
 エコライフ見学→パロネラパーク→マランダ学校&たかさんの有機野菜ファームへ (2017-04-16 22:18)
 Japan day of Hope 2017 いよいよ明日です。 (2017-03-10 10:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
福島の子供達とエコや環境について考える
    コメント(0)