2018年05月18日

リフレッシュキャンプ後に届いた皆さんからのメッセージ

ケアンズリフレッシュキャンプ後に、福島から届いたメッセージをご紹介させていただきます。

お一人お一人の皆様のサポートを色々な形で

子供達はしっかり感じていたようでした。本当にありがとうございました。

___________________

久下菫ちゃんのお母様 久下優子さんより

人見知りで恥ずかしがり屋のすみれがまさか海外で自分の意見を発表してくることになるとは思いませんでした。

人生を分ける受験へのプレッシャーに負けそうになりながらもオーストラリアへの想いが支えとなりまた誇りでもあり、
自信を持って受験に臨めたように思います。

ホストマザーのバネッサ、娘のインディアと過ごした数日間…文化の違いを超えてたくさんの愛情をいただきました!
出発前のメールのやり取りで私達の不安はほぼなくなり、安心して送り出す事が出来ました

一緒にダンスをしたり歌を歌ったり料理をしたり、そんなに英語できたっけ?と驚きましたがそういう問題ではないのですね。
ケアンズの大自然を満喫している様子にはとても感動しました。

マキさん、小玉さんを始め現地のスタッフに守られながら一緒に参加した7人と心を開いてお互いに支え合い協力しながら絆を深めることができました。
日本では縁を結ぶと言いますがこの縁がいつまでも続く事を深く祈ります。

震災により放射線に怯えて暮らした7年前が昨日の事のように思い出され、
大人達の不安や何を信じればいいのか分からなかった当時を思うと、
原子力発電所の爆発や放射線について、またエネルギー開発への意見をある意味冷静に考えている彼女たちの成長に
学ばなければいけないのは私達である事に気付かされます。

今回オーストラリアの歴史を学んだり、震災当時の福島をそして今をケアンズの皆さんに伝える事ができた喜びは大きく、
自分達が福島のそして日本の未来を担う一人一人である事を自覚したと思います!

すみれも含め、私たちがこれからすべき事は未来の子ども達にこれらを伝え続け、同じ失敗を決して繰り返してはいけないという事です。

口で言うほど簡単ではないですが、サポートメンバーのみなさんの熱い想いに触れ、気持ちひとつで未来も環境も変えられる事を知った彼女達は大人になった時自分のすべき事から目をそらさずにいてくれるはずです‼️

感謝はつきません❗️お身体を大切に❗️ありがとうございました。




**************

佐川美桜ちゃんのお母様より

この度は美桜が大変お世話になり、ありがとうございました。

美桜は6日から新学期がスタートし、息子も無事に入学式を迎えることができました。

3日は、プロジェクトに参加した8人全員が、出発前の不安そうな様子とはまるで別人のように、
充実感と達成感に満ち溢れ、イキイキと輝く笑顔で帰って来ました!

8人の絆も深まり、報告会ではお互いの良いところを伝え合ったり、
終わった後には会場にあるアミューズメントフロアに行き、全員でプリクラ(ケアンズにもありますか?)という写真を撮ったり、
仲睦まじい様子でした!

このプロジェクトによって子どもたち皆が成長させていただいた証だと感じ、心から感謝の想いでいっぱいです!

美桜は、もっと英語を理解したい!話せるようになりたい!と言っています。
また、夢を叶えるために諦めずにもっと努力することが大切だと実感したようです。

これからも英語への意欲を持ち続けながら、ケアンズでの学び、体験を人生に生かしてほしいと願っています!
海で思いっきり遊んだこと、マキさんはじめ皆さんとたくさん、たくさん話したこと、
優しく寄り添っていただいたこと、勇気を出してダンスを披露したこと、
素敵なパステルアートや表彰状をいただいたことetc...美桜の一生の宝物です!感謝いたします♡
マキさんはじめ、ホストファミリーの恭代さん、エマちゃん、ケアンズの皆さまの多くのご支援によって、
このプロジェクトが続けられていることに心から感謝いたします。

子育てしながらプロジェクトの準備や運営、様々なご苦労があったことと思います。
尊い行ないに本当に頭が下がります。ありがとうございます。

私たちも周りの方々に今回の体験を伝えながら、このご恩を忘れず、福島で私たちができることをひとつずつ積み重ねながら、前を向いて歩んでいきたいと思います!
これからも時々、近況報告させてください!



____________________________


幸輝くんのお母様より

今回、ケアンズプロジェクトに参加させていただいて、親子で原発について改めてるとても良い機会となりました。

2011年当時、幸輝は小学2年生でしたが、深刻な状況を感じて
「なんで福島にうまれちゃったんろう」と話したことを、強烈に覚えています。

そのため、親としては子供達が福島に生まれたことを不安に思いすぎないようにと、配慮して生活してきました。

更に、私自身が「福島のきれいな山も川も永遠に安全なものではなくなった」という喪失感と悲しさで一杯で、
子供と震災の話をすることが困難でした。

今回、幸輝と震災のことを真剣に考える機会をいただいて、とても感謝しています。

また、私達のために多くの方々が沢山のご支援を下さっていることを知り、関わって下さっている全ての皆様に心から感謝申し上げます。

______________

大変お世話になりました。
幸輝は、とてもリフレッシュして、元気をたっぷりチャージして帰宅しました。
これほどまでに、充実して様々な体験をさせていただけて、私のイメージしていた何十倍もの素晴らしい体験をさせていただいて、感謝の気持ちで一杯です。

それから、オーストラリア滞在中の活動の様子を写真や動画、作文と翻訳など、たくさんの情報をタイムリーに発信いただき、本当にありがとうございました。
睡眠時間を削って対応していただいていると思いました。本当にありがとうございました。
また、関わってくださった全ての人々に感謝しています。

幸輝だけでなく、私達にとってもケアンズは特別な場所になりました。
幸輝から、本当にいつも頑張ってくださっていた・・と聞いております。
本当にありがとうございました。

_____________________

ケアンズリフレッシュキャンプに携わって下さった皆様へ

この度、ケアンズリフレッシュキャンプに参加させていただいた久田幸輝の母です。
このプロジェクトに参加した幸輝も他の子供達も、キラキラとエネルギーに満ちて帰国して、感動しました。

<プロジェクトへの感想>
○滞在中の様子について

滞在中の様子をsmile with kidsのFacebookと小玉さんから、写真文でタイムリーに紹介があり、安心して見守ることができました。毎日掲載するために、大変お忙しかったことと思います。小玉さん・まきさんはじめ携わって下さった方々へ感謝の気持ちで一杯です。睡眠時間を削って作業されたのではないでしょうか。どうか無理されませんようにと思いました。

○プログラムについて

毎日の体験させていただいた一つ一つが、深く考えさせられる内容であったり、ケアンズを思いっきり満喫するプログラムだったりと、非常に得難い体験でした。
 自然豊かな福島県ですが、震災後はキャンプ・海水浴・湖水浴、登山など、屋外活動を避けて過ごすことが当たり前で、子供達には過剰に心配させたくない気持ちもあり、制約された生活を普通のこととして送ってきました。今回のプログラムで、貴重なフランクランド島ツアーに招待していただき、おもいっきり海を楽しみ、ファームステイでキャンプ…、幸輝はこれまでできなかったことを満喫できました。
その姿をみて、私達親も彼に制約した生活をさせてきたことに改めて気づきました。原発事故の問題は解決しないので、今回の体験は本当に貴重でした。

 風力発電ファーム、パネロラパーク、エコバナナファーム、歴史のお話など、直に話を聞きディスカッションしたことは、これからの子供達の考えの基盤になる体験だったと思います。また滞在中に出会ったそれぞれの方々から様々なおもてなしを受け、そのご配慮と素晴らしいプログラムに感動し、とても感謝しています。

幸輝から福島の現状について皆さんが真剣に耳を傾けてくれたと聞き、そのことに私達も勇気づけられました。
そして、震災後の原発事故について、親の私が辛くて幸輝とその話をせずに今まで過ごしてきたことを反省する機会となりました。

○ホームステイについて

 素晴らしいホストファミリーに恵まれて、幸輝は全く不安なく滞在できただけでなく、満喫してきました。私達親も幸輝と同様に安心していました。特に雨で道が通れなかった時に何度も幸輝のためにトライして下さったことや、鼻水がでた際に悪化しないよう薬を飲ませて下さったことなど、滞在中の生活全てにおいて様々に幸輝のことを考えて対応いただきました。感謝の気持ちで一杯です。
また、幸輝にとって家庭生活を体験する貴重な機会で、これも素晴らしい体験になりました。ホストファミリーのみきさん・ジェレミーさん・たつみ君に心から感謝しています。これからも家族で交流させていただくので、とても嬉しいです。
参加した子供達にとって、とても楽しく充実したプログラムだっただけでなく自然や歴史や国際交流、災害支援、食べ物、生活などの様々な点において、今後に活きる経験になったと思います。帰国した日に幸輝が「これから自分に何ができるのかと考えている」と話していました。私達も、自分たちに何ができるか…と考えていきたいと思います。このような素晴らしい経験をさせていただけたことに、心から感謝しています。また、今回のために支援して下さった全ての皆様に心から感謝申し上げます。言葉では表現しつくせませんが、本当にありがとうございました。

久田幸輝の母
久田和子



__________________

野村美月ちゃんのお母様より。

今回のキャンプでは、美月が大変お世話になりました。

キャンプに参加したことで、今後の人生、英語はできないといけないと思うようになったり、学校では習っていない戦争の現実を知ったり、自分が皆さんのご厚意でキャンプに参加できて、感謝の気持ちを持ったりと、美月にとって、大きく成長するきっかけとなりました。
これも、まきさんや小玉さんをはじめ、沢山の方々のおかげです。本当にありがとうございました。

帰ってきてから、美月は英語のラジオを聞くようになりました。続けていってほしいなと思います。
お体に気をつけて、ますますご活躍ください。
美月の母 幸子



___________________

竹田和奏ちゃんのお母様より。

この度はたくさんのご支援を募って頂き
福島の子ども達をオーストラリアに迎い入れて頂き本当にありがとうございました。

また滞在中も大変お世話になりました。
和奏はマキさんとの初対面の第一声が「カメラ置いてきちゃいました」だった。
とやっちまった!エピソードを話してくれました。
ただでさえ様々なお手数をお掛けしているのに更にお手数ご心配をお掛けしまして本当に申し訳ございません。
ありがとうございました。

帰国してから、和奏は滞在中の素晴らしい経験を話すことはもちろんですがケアンズで会った人々の素晴らしさに一番感動したようです。
今回のプロジェクトで「自分を変えたい!」と言っていた彼女ですが素晴らしい大人との出会いは彼女にとって自分を変えるきっかけともなったようです。
本当にありがとうございました。

現在福島では震災から7年経ち、風化しつつあります。
ジャパンホープの映像でもご使用頂きましたが福島の至るところに線量計や放射線廃棄物を入れるフレコンバックがあります。
福島だけいるとその風景も当たり前すぎてそれが不自然だという事に気が付かなくなっているのです。
どうして、そんなことになったのか?どんな思いをしてきたのか?それをこの旅で自分の頭で考え当時を思い起こすことにより自分の問題意識にもつながったようです。

また親元から離れることや素晴らしい自然に触れることにより「当たり前」なことは何一つない、有ることが難しいから「有り難い」のだということに気が付いたようです。

帰国 してから家族へのメッセージをもらったのですが
成長した和奏からの「ありがとう」は心の底からの言葉で本当に感動しました。
現在福島では「(支援)される方からする方へ」との合い言葉もあります。
様々な支援を受けこうして今がある。

支援を受けてきたからこそその恩をまた別の形として返していくという
考えです。
たくさんの目に見えるご支援を和奏は受けてきて
いつかきっと将来そちらの意識をもって自ら動いていって
欲しいと思っております。
そう、ケアンズで出会ったマキさんたちのように。
福島の子ども達の目指す一番星のように
いつも輝いていて下さいね。
本当にありがとうございました。
たくさんの感謝を込めて

竹田有理



___________

大変お世話になりました!

福島は、連日、ポカポカ陽気で桜があっというまに満開に。
今日は27度の初夏の陽気でした!子供達は、疲れた様子はまったくなく、すこし日に焼けて、ただいまー!とかえってきました!

写真が一番嬉しかったです!
リアルタイムで投稿されるので、ケアンズに自分もいるような錯覚でした( ›◡ु‹ )
心配していた両親から、いまなにしてる?写真きた?と催促がきて(笑)
お忙しいスケジュールに加えて、予想外のハプニングもあったのに、とてもありがたかったです!

報告会での8人の様子は、行きの心もとない、よそよそしい、集合の時の時とは別人でした。
会場の設置をテキパキとはじめ、席にすわってまち、手をあげて質問に答え。ただ、ただびっくりでした。
英語のスピーチも堂々とし、上達していましたし、質問への答えも、ケアンズの様子がよくわかるし、学んだことに加えて自分の意見をプラスして答えていて、感心しました

また、去年参加した子達が、きてくれて、こちらの質問も、報告会を賑わせてとてもよかったです
一年後には、あんな風に次の参加者を気遣えるように成長しているんだろうかと想像して、さらに嬉しくなりました。
沢山の方のご支援に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!
丸山智恵



____________________

野田純伶

本当にいろいろたくさんお世話になり、ありがとうございました。
昨日はケアンズでの話をすみれからいろいろききました。
普段あまりおしゃべりではない娘が、写真を見ながら楽しそうに話してくれました。
夜中の12時過ぎまでです。疲れてないのかしら。笑

きっとケアンズで過ごした時間は、すみれにとって、最高にたのしい時間だったのだと思います。
フェイスブックに日々のことをアップしてくだったおかげで、私たち家族もケアンズをとても身近に感じ、すみれと離れていてもさみしさはありませんでした。
それよりも、娘の日ごとの成長を感じることができ、感慨深くとても嬉しいきもちになりました。

ケアンズのみなさんのおかげで、すみれはかけがえのない経験をさせていただきました。
言葉では言えないほど、感謝のきもちでいっぱいです。

すみれがケアンズで感じたこと、たくさんあると思います。それをこれからどんな風に生かしていくのか楽しみにしたいと思います。
自分に素直に正直に、いつも自分と向き合っていってほしいと願います。

そして、
素敵な仲間がたくさんいること、世界はこんなにも優しいということ、未来は自分たちで作り上げることができるということをケアンズで学んだことと思います。すてきなすてきなプレゼントをありがとうございました。
すみれの大切な宝物です。

最後に、お世話になったデニースさんと、ご親戚のかた(たくさんの方がすみれに会いにきてくださったようですね)には、心から感謝します。
一緒にビーチで砂や貝がらを拾ってくださってありがとうございました。
美味しい食事を用意してくださりありがとうございました。
すみれをあたたかく迎えてくださり本当にありがとうございました。
デニースさんにどうぞよろしくお伝えください。

そして、最後の最後に、サポートのおかげで、素晴らしい旅の想い出ができました。
Tくんと遊んだことも、すみれにとってステキな時間だったようです。とっても可愛かったっておしえてくれました。
どうぞよろしくお伝えくださいね。

長くなりましたが、
出逢えたことに心から感謝します。
お会いできる日をたのしみにしています。
ありがとうございます。

野田智美



___________________

こんばんは。まひろです! 無事に始業式と入学式終わりました。
今日は部活でミニコンサートを行いました! ドラムしっかり叩いてきましたよ〜笑 毎日元気に楽しく過ごしています!

たくさんの人に「オーストラリアどうだった?」と聞かれます。 もちろん私は「めっっちゃくちゃ楽しかった!!」と答えてます
本当に本当に楽しい時間だったので今でもオーストラリアの事を思い出すと少し寂しくなります。

でもオーストラリアで学んだことをたくさんの人に伝えるのが私の仕事なので責任をもって頑張ろうと思います! 最近、学校で自分から意見を言ったり色々と考えてみたりする時間が増えました! これはマキさんやオーストラリアで出会った方々のおかげです!! これからもこの調子で頑張っていきます!

あと質問があります。

私の先生が外に生えている つくしは食べれると言っていました。確かに食べれるとは思うのですが、震災があって放射能が降ったのに本当に大丈夫なのかな? と、とても不思議に思いました。私もそこまで福島の食べ物を気にかけてはいませんが、さすがに外に生えている つくし を食べるのはどうかな?と思いました。
どう思いますか??

マヒロちゃんのお母様、福田寿美子さんより。

オーストラリアに行って全くホームシックにもならずに、もっともっとオーストラリアにいたかったと帰ってきた時に、
本当に素晴らしい貴重な体験が出来たんだなと嬉しく思いました。
ホストファミリーの方々、まきさんをはじめスタッフのみなさんの愛情、支援があったからだと感謝しきれないくらいです。

この経験を生かして、これからも未来に向かって羽ばたいて欲しいと思います。



_________________________


この活動に色々な形でご協力&ご参加くださったお一人お一人の皆様、本当にありがとうございました!



こちらは先日フランクランド島に行ったときの動画です。
海が初めてだった子供達もいて、とても楽しみにしていた海にみんなとても嬉しそうでした。
ほとんどの子供達が、滞在中、ほとんどの時間帯を海の中で過ごしていました。

https://www.facebook.com/smilewithkids/videos/1748785498542386/

とくに、後半の方での子供達のスピーチを聞いていただけたらと思います。

ありがとうございます。




同じカテゴリー(福島の子供達の声)の記事画像
福島の子供達&ファミリーに会ってきました。
Cairns Refresh Camp Day11 福島に到着〜ケアンズキャンプ報告会〜
Cairns Refresh Camp Day10 ケアンズでお世話になった皆さまへ。
Cairns Refresh Camp Day3 ケアンズで色々な所を訪問し、お話会をしました。
福島の子供達 福島を出発 DAY1
Japan day of Hope2018のポスターが出来ました!
同じカテゴリー(福島の子供達の声)の記事
 福島の子供達&ファミリーに会ってきました。 (2018-10-10 20:19)
 Cairns Refresh Camp Day11 福島に到着〜ケアンズキャンプ報告会〜 (2018-04-10 16:40)
 Cairns Refresh Camp Day10 ケアンズでお世話になった皆さまへ。 (2018-04-08 20:02)
 Cairns Refresh Camp Day3 ケアンズで色々な所を訪問し、お話会をしました。 (2018-03-27 11:08)
 福島の子供達 福島を出発 DAY1 (2018-03-25 14:29)
 Japan day of Hope2018のポスターが出来ました! (2018-01-05 20:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
リフレッシュキャンプ後に届いた皆さんからのメッセージ
    コメント(0)