2018年06月29日

来年のリフレッシュキャンプは、7〜8月に開催します。

写真は、福島の子供達のパロネラパークやエコバナナファーム訪問の様子です。

みんなにとって、裸足でファームを歩くのは初めての経験でした。





今年もたくさんの方のご協力のもと
ジャパンディオブホープ、および、ケアンズリフレッシュキャンプが無事に開催され、
改めて、本当にありがとうございました。


福島の子供達は、初めての海という子も多く、
自然の中で、裸足になって、ファームを歩いたり、色々な経験をして、沢山の人に会って
スピーチして、子供達の表情がどんどん変わっていく様子や
変化や成長に、感動がいっぱいでした。



今年のキャンプ、前半はすごい豪雨で、
キャプテンクックハイウェイがクローズしたり、シティにいくのに2時間以上かかったり
色々な予定の変更があったり
アサートン方面への1泊キャンプも当日の朝まで行けるかどうか分からなかったり
ラストの交流会も、室内か、外でのバーベキューか寸前まで天気をチェックしていたり。。。

旅程中もスマホを手に
次の予定を色々考えたり、調整していることも多くって
子供達との時間は充実しながらも、
チャレンジもいっぱいで、キャンプが終わってから、しばし放心状態でした。


そんな中でも、キャンプ中、海に行く日や、キャンプに行く日は青空が広がり
数日、自宅待機だった子供達もみんなそろって、出かけることができた時には
感動でいっぱいでした。


リフレッシュキャンプが終わって、
先月に来年のことを話し合うミーティングがありました。


たくさんのチャレンジがあった中でも
とっても大きな存在が守ってくれていたことを感じる
ジャパンディのイベントと、ケアンズリフレッシュキャンプ。



スケジュール変更による色々な手配に、いつも以上に全力投球してたので

燃え尽きてしまって

続けられるかな?とふと弱気になったことも正直なところでした><





毎年やってみて、

実際に、福島の子供達の話を聞いたり、

福島の方々から届く声やフィードバック、ケアンズの方々の声を聞いて

今ある現状を知り

その中で、それでは自分達はどうしていきたいのか?

自分の心の声を確かめて、その想いを皆さんにシェアして、

皆さんの想いを聞いて

自分達の気持ちに正直に進んでいくのみ。



続けることを目標としているわけではなくて、

今の現状を知って、実際の声を聞いて、それから相談しあって

決めて行く部分が多いです。



弱気になった時こそ、

キャンプに来てくれた子供達からのケアンズの皆さんへのメッセージや変化にとても励まされ

また2年前に来てくれた生徒さんが、平和大使の福島代表に選ばれて
この8月にスイスにスピーチに行くというお知らせが届いたり

去年参加してくれた子から、ドイツの大学に行くために、猛勉強中というお便りが届いたり

福島の子供達や保護者の方々から届くメッセージを受け取って

やっぱり(無理はせずに)続けていきたい!という想いがじわじわと湧き上がってくるのでした。



ミーティングでは、そんな思いを打ち明けながら

皆さんの気持ちや想いも聞いていました。




これまで通り

311あの日を忘れない。

ケアンズからできることを。


と、できることを続けていきたいと思っています。

ケアンズのたくさんの方々のお力と共に。




福島の子供達も、それぞれ色々な想いがあって



福島の復興といっても、とてつもない時間がかかることだと思う。
簡単に短期間で、できることではない。
でも、やはり私は自分の生まれた福島が好きなので、あきらめないで今自分にできることをしていきたいと思う。


私は教員になりたい。
そして、311に福島であったことが風化してしまわないように、生徒達にもきちんと語り継いでいきたい。

太陽発電や自然エネルギーを開発していくのは良いことと思う。
でもそのために、森や木を切り開いて、自然を破壊してしまうのは違うと思う。

自然も大切にしながら、自然エネルギーを開発していきたい。

福島の原発の問題は福島の問題だけではなく、みんなで一緒に考えて行く問題だ。
今回ケアンズに来て、みんなで一緒に考えて、行動していけばよいんだと、本当にすごく勇気をもらいました。



などなど、それぞれ自分の言葉でしっかりと自分の想いを伝えてくれていました。



この活動をはじめたときから、とても大切にしている想いがあって


平和な未来のために、大切なことを子供達がよく知っているということ。

その子供達が感じている素直な想いを自由に、ありのまま表現する場を大切にしたい。という想い。


この想いは、この活動をしていく上で、これからもとても大切にしたいことと感じています。




ミーティングでも、話し合いのもと

これまで3月に開催してきたケアンズリフレッシュキャンプ

来年は、ケアンズリフレッシュキャンプを7〜8月の日本の夏休みに開催するということになりました。



ジャパンディオブホープは、これまで通り3月に開催予定です。



これまで4回リフレッシュキャンプを3月に開催してきて
無理せずに、ジャパンディと両方のイベントを並行して準備していくことは、日程的にむずかしいということ。

7〜8月にリフレッシュキャンプにすることで、ジャパンディオブホープから少し期間があることで、イベントの同時進行でなく
ゆとりをもって準備することができる。

雨季である3月よりも、7〜8月は、お天気もより安定している時期であること。

3月は、イースターホリデーと重なることもあり、学校訪問が学校の最終日になってしまうこと。

7〜8月の時期だと、学校のある時期で、学校訪問も余裕を持って訪問できるということ。
夏休みにすることで、春休みより少し長めに期間を設けることができる。

などの理由です。


まもなく、福島の中学生の募集がはじまります。



アースさんで用意してくださっているポスターができましたら、こちらでも告知させていただきますので
どうぞよろしくお願いします。

いつもたくさんのサポート本当にありがとうございます!

感謝を込めて。

スマイルウィズキッズ
www.smilewithkids.com.au





同じカテゴリー(活動報告)の記事画像
ワーホリでボランティアのみずきちゃんより。
リフレッシュキャンプ後に届いた皆さんからのメッセージ
Cairns Refresh Camp Day11 福島に到着〜ケアンズキャンプ報告会〜
Cairns Refresh Camp Day10 ケアンズでお世話になった皆さまへ。
Cairns Refresh Camp Day9 笑顔と涙の1日ー歴史と福島子供達のお話&交流会
Cairns Refresh Camp 2018 Day8 ~ホストファミリーと楽しむ一日
同じカテゴリー(活動報告)の記事
 ワーホリでボランティアのみずきちゃんより。 (2018-07-05 16:07)
 リフレッシュキャンプ後に届いた皆さんからのメッセージ (2018-05-18 10:30)
 Cairns Refresh Camp Day11 福島に到着〜ケアンズキャンプ報告会〜 (2018-04-10 16:40)
 Cairns Refresh Camp Day10 ケアンズでお世話になった皆さまへ。 (2018-04-08 20:02)
 Cairns Refresh Camp Day9 笑顔と涙の1日ー歴史と福島子供達のお話&交流会 (2018-04-07 00:37)
 Cairns Refresh Camp 2018 Day8 ~ホストファミリーと楽しむ一日 (2018-04-06 21:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
来年のリフレッシュキャンプは、7〜8月に開催します。
    コメント(0)