2018年08月31日

9月2日 カーニバルオンコリンズと盆踊りに出店します〜ボランティアさんの声〜

9月2日明後日の日曜日に

ケアンズフェスティバルの

カーニバルオンコリンズと盆踊り大会があり

スマイルウィズキッズブースも2チームで、出店します。


カーニバルオンコリンズ

https://www.facebook.com/events/533270560383561/

ケアンズ盆踊りフェスティバル
https://www.facebook.com/cairnsbondancefestival/


ボランティア活動は、無理せず、楽しみながら

できるときに、できるひとが、できることを





色々なひととのつながりがあったり、

感動もいっぱい。



今後もチャリティイベントの準備などもしていきますので

一緒にボランティア仲間になってくださる方がいらしたら、ぜひカーニバルオンコリンズや盆踊りのときにも

スマイルウィズキッズブースにて、声をかけていただけたら嬉しいです


ありがとうございます。




こちらは、リフレッシュキャンプのときに
VIC州からボランティアに来てくださっていたあきなさんが聞いてくださったボランティアさんの声です。

すべてのボランティアさんではありませんが、
あきなさんがまとめてくださり、みなさんに確認のもと、一部の方の声をこちらでも紹介させていただきます。


ありがとうございます。


We will attend Carnival on Collins and Bon Odori Festival on Sunday 2nd Sep.
Also We are looking for more volunteer for our charity event and activity.
If you would like to join our volunteer team, please let us know at Smile with Kids boot at Carnival on Collins and Bon Odori Festival.
We really appreciated your support.

This is some feed back from our volunteer staff.

Thank you very much.


R.G.
「スマイルウィズキッズに関わるようになって、チャリティーボランティアに興味を持つようになりました。そういうことがもしあるなら関わっていこうかな、という気持ちになりました。例えば、福岡で洪水があった時に、九州出身の方中心でイベントをやったんですが、仕事からオフを取り、ストールのお手伝いをさせてもらいました。それまでは、お仕事を休むまでやろうっていう気持ちにはなってなかったと思います。…最初は、色んな人に会えるのが嬉しかった。あんな人もいる、こんな人もいる、楽しい、で始まったんだです。それが楽しくって始めたんだけど、だんだん意識が変わっていったというか、支援する意味を考えるようになったんです。なんでこういう活動するのかとか考えるようになったし、自分の中で考えが変わりました。」

“After getting involved in Smile with Kids, I began to get more interested in charity volunteering. It made me feel like I want to be of help when there are other charity opportunities. For example, when there was a flood in Fukuoka, there was a charity event organised by people mainly from Kyushu. I remember taking time off work to help out at stalls. Before, I did not think about taking part in charity event to the point of taking time off work to do it. …At first, I just enjoyed meeting new people by participating. Gradually, it became something deeper. There was a change of awareness within me and I started to think more about the meaning of supporting those in need. I started to reflect on what I do what I do, and there was a shift of thinking in me.”


キャロライン・ダイアモンド

「私は、ホストファミリーとして参加しています。私にとって、このプログラムは、(福島の子どもたちに)オーストラリアのライフスタイルを体験してもらい、心配せず自然を体感してもらうことだと思っています。それは、例えば、我が家の庭から見える熱帯雨林を座りながら眺めたり、日常的なところで自然と触れ合うことだと思っています。何年か前に参加者の子を近所のコッパーロード・ダムに連れていったことがあります。そこから飲み水が来るんですが、そこに行き、水辺を散歩し、水中で泳いでる亀を見て、一緒にティーを飲み、自然を堪能しました。また、異文化交流をして、お互いを知り合う良い機会だと思っています。」

Caroline Diamond
“I’ve been participating in the program as a host family. … For me, this program is about experiencing Australian life. The essence of it is the ability to experience nature without concerns. It’s about being able to sit out in our backyard overlooking the rainforests. I remember taking one of the boys from a couple of years ago to Copperlode Dam, where we get our drinking water from. We would go out, see wildlife, have a cup of tea, walk along the water and see the little turtles in the water. It’s also about cultural exchange, and getting to know each other.”



ケアンズじゅん
「ワクワクジャパニーズのコミュニティラジオ番組をしています。…今回、初めてお話会に参加しました。文章、ネット、いろいろなところで語られてきている福島のイメージ。福島の子どもたちと会うまでは、自分なりに色々考えがあったんですが、実際彼らが来て、彼らに会って、彼らと話して、自分の印象と違う部分も会ったし、改めて実際に会って話して理解していく大切さを感じました。」

Cairns Jun
“I run a Japanese community radio station in Cairns. … For the first time, I participated in talk event with children from Fukushima. The image of “Fukushima” has been represented in so many ways through different media. Until I met them in person, I had my own views of what Fukushima was like. However, when I met them in person, talked to them and spent time with them, I realised some of the preconceived ideas have been challenged. I realised the importance of actually meeting and talking to people and building understanding through that.”


Yasuyo Mackenzie
「チャリティイベントで流す動画スライドショー作成のお手伝いをしていました。また、ホストファミリーもしました。…スマイルウィズキッズの活動を紹介する動画のお手伝いを通して、活動内容をより深く知りました。…福島の子どもたちだからこそ伝えられるものがあると思うんです。原発事故によって、例えば兄妹離ればなれで暮らすようになったこと、友達がどんどん離れていってしまったこと、大きく暮らしが変わったことなど、実体験だと説得力もあるし、語り継いでいってほしいです。」

“I’ve helped out with creating slide shows that were used at the annual charity event to introduce what Smile with Kids is about. I’ve also participated as a host family. … Through helping out with producing the slide shows, I understood better what the program aims to do. … I believe that there are some things that can only be told through the eyes of children of Fukushima. For example, stories about how families had to live apart from each other, how friends kept leaving one by one, how each of their lives dramatically changed after the nuclear accident… It’s their real stories, and I hope these stories continue to be told and heard.”


Miki san
「こっちで学校の教師をしています。…お店に行った時に募金箱があれば募金し、ジャパン・デイ・オブ・ホープ・チャリティイベントの時にストールでお買い物をし、そのイベントで息子が剣道のデモンストレーションで出演させていただきました。…今回は、ホストファミリーをする機会があり、非常に良い経験をさせていただきました。震災後の復興活動に関して、日本人に限らずみんな頑張っているな、とすごく実感しました。…今までは、福島についてメジャーな報道を通してしか知ることがなかったけれど、ホストファミリーをし、お話会に行き、実際そこ(福島)に住んでいる方が伝える現状を聞くことができてとても良かったです。今はインターネットなどを通してたくさん情報がありますが、その中でも自分でちゃんと情報を選んでいくことは大事だと思いました。また、ケアンズに来て日本人コミュニティと関わることを少なかったんですが、もっと関わっていきたいと思うようになりました。そして、自分ができる範囲で、小さいことでも長く続けていくアプローチの大切さを感じました。」

“I work as a school teacher here. …I got involved by making donations when I went to shops, shopping at stalls in Japan Day of Hope charity event, and my son participated in kendo demonstration at the event, too. … I also had the opportunity to be a host family, and it was a very precious experience. I felt that the post-disaster reconstruction process is still going on, and people are still making a lot of effort. … Until now, I would only hear about what is happening in Fukushima through mainstream media. However, being a host family and having gone to the talk session. I was able to hear what’s happening from the people that actually live there, and that was really helpful. In this day and age of internet, there is abundance of information. I thought it’s important to be more mindful of what information I get. Also, through this program, I became more involved with the Japanese community in Cairns, and I also learnt that it’s important to have an approach of doing something consistently over long term, even if it’s something small.”


Emi Kamataki

「墨絵の作品やクラスで集まったお金を寄付し、英訳のお手伝いなどを通して関わっています。…子どもの一言はパワフルだと思いました。メディアや大人の話を通して聞く福島の現状は、放射能線量がどのくらいだとかそういった内容ですが、ある参加者の子のコメントで、『あんなに大好きだったテレビゲームがもう嫌になった』と聞いて衝撃でした。あの一言で全てが分かったような気がしました。」
“I have been donating funds I raised through my sumie artwork and classes. I have also been participating as a translator. … I felt that children’s words are powerful. What you hear about Fukushima through media or adults involves information such as the level of radiation. However, I came across a comment by one of the children participating in the program; ‘I started to no longer enjoy the television game I loved so much’. With that one sentence, I felt that I could understand what was happening there…”


S.S:「ギフトショップで働いていた時に募金箱を設置することになって、この活動のことをより深く知るようになりました。いろいろな形で関わっています。ジャパン・デイ・オブ・ホープのチャリティイベントに毎年参加しているんですが、茶道部のブースをしたこともあれば、ギフトショップとして出店したこともあります。前回は、受付をさせていただきました。そこで、オージーの方にイベントの意義を説明し、共感していただき、募金していただいたり、活動紹介のスライドショーに興味を持っていただいたりして、原発事故をきっかけに日本から移住してきたので、そこで話せることもあって、それは続けて行きたいな、と思いました。また、ブログの英訳などもしています。フルタイムで仕事をしているので、できる範囲で関わっています。」

S.S: “I had heard about this program before, but I got to know it better when a donation box for this program was placed at the gift shop I used to work for. I’ve been participating in this program in various ways. For example, I’ve been volunteering at the annual fundraiser event, Japan Day of Hope. I’ve helped run stalls as part of a traditional Japanese tea ceremony club or as part of a gift shop I used to work for. In the most recent fundraiser event, I helped out at the reception. There were opportunities to explain about the event to people who came. I’ve especially found it meaningful to explain it to local Australian people. They gained some understanding about the 2011 disaster and took interest in donating and watching the slide show about the program during the event. My family migrated to Australia largely due to the consequences of the Fukushima nuclear power plant accident. Therefore, there was a lot that I could share, and I felt that I wanted to continue serving in this role again. I have also been helping out with translating blogs to English. I work full-time, so I get involved with what I can, when I can.”


Y.S.: 「特に具体的な役割というのはないんですが、がんばれ、と応援する係です。キャンプ中は、子どもたちに語りかけ、情を沸かし始める、というか、視野を広げる材料を出していくようにしています。そして、発言してもいいんだ、という空気を作っていくようにしています。ケアンズに来る子たちは、海外に出てくる段階で、いろいろ吸収する力がある子たちが多いと思うんです。中学生という多感な時期に、ここに来て、いろいろな話を聞いて、自分で物事を調べて、考える力を身につけてくれたら嬉しいです。」

Y.S.: “I don’t have a specified role. I see myself as a supporter who encourages and cheers the team on. During the refreshment camp, I take the initiative to talk to the children and ask some questions that might help expand their horizons. In so doing, I also help create an atmosphere that make them feel like they can speak up. I feel that the children who come to Cairns have the ability to take in and learn new things at the point they choose to go overseas. Being in their early teenage years when they are receptive to many things, I would love for them to listen to various views, and equip themselves with the ability to think and look up things for themselves.”



Yuka Nakamura
「色々な形で関わっています。オリガミ・ケアンズという子どもたちに折り紙を教える活動、バスキングなど音楽活動、またクリスマスや母の日などの時にパステルアートとオリガミのコラボ活動を通して寄付金を集めたことがあります。現地校で働いていた時は、学校でファンドレイジングをし、福島の子どもたちに学校訪問しに来てもらいました。キャンプの時は、主に通訳として関わってきましたが、もともと動物の勉強をしていたのもあって、福島の子どもたちとオーストラリアの動物や自然の話もしました。…印象に残っているのは、2年目の参加者の子で、色々興味を持つ子がいました。車移動で見える景色で「あれが蟻塚なんだよ。シロアリが土を積み上げていくんだよ。」と説明したら、すごく興味を示してくれました。その後も鳥の名前や、夜になれば星の名前などを聞きにきてくれたりしました。帰国後も個人的に繋がっています。ケアンズに来て、目標を持って進むことの大切さを学んだと言っていて、志望校に受かるために勉強を頑張り、成績も一番になり、有言実行をしていて、キャンプの与えた刺激はすごいな、と思いました。また、初年度、キャンプ最終日に福島から来た子どもたちが全校生徒の前でスピーチをしたんですが、自信溢れて堂々とスピーチしている姿を見て、こんなにも子どもたちは成長するのか、と感動しました。また、受け入れた現地校の生徒も意識の変化があったというか、福島のことを知ることができて本当に良かったです。他にもたくさん印象に残ったエピソードがあります。」

“I’ve been involved in various ways. In the past, I have helped raise funds by running several activities, such as teaching children how to do origami, busking, and organising collaboration workshop of origami and pastel art for special occasions like Mothers’ Day and Christmas. When I worked at a local school as a teacher, I organised fundraiser event and also invited children from Fukushima to visit the school. During refreshment camp, I participated mainly as a translator. That said, since I used to study about Australian animals, I remember talking about Australian animals and wildlife to children. … One year, there was a girl who showed interest in many things. I remember pointing to termite mounds while driving to a farm and explaining that many white ants build them over many years. After that, she kept asking about names of birds and names of star constellations at night time. We still keep in touch. After returning to Japan, she told me she learnt the importance of taking steps towards your goal. She wanted to get into a particular high school, so she studied very hard, and she became top in her class. I felt that the impact of the refreshment camp on her was very significant. Also, I remember when the children did their speeches in front of the entire school on their final day. They were so confident and I was amazed how much they can change in such a short period of time. I also felt a change of awareness in children at local school, and it was really great for them to learn about what is happening in Fukushima. There are so many memorable moments.



皆様、貴重な声をありがとうございます。




こちらは、今年のリフレッシュキャンプに参加してくれた幸輝くんのお母様が
届けてくださった起き上がり小法師です。

転んでも起き上がるコンセプトにとっても励まされてます!




福島の双葉町出身の富澤さんご夫婦が、今年もたくさんの扇子と、てづくりのラベンダーポプリをお届けくださいました。



コリンズでは、シェリダンストリート側に出店しています。


色々な方々のお気持ちが集まったブースで、子供達の笑顔につながっていきますように。


新たなパステルカードも販売します。






いつも、ありがとうございます。



同じカテゴリー(ボランティアさんの声)の記事画像
Smile with Kidsの総会
ワーホリでボランティアのみずきちゃんより。
同じカテゴリー(ボランティアさんの声)の記事
 Smile with Kidsの総会 (2018-11-04 20:32)
 ワーホリでボランティアのみずきちゃんより。 (2018-07-05 16:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
9月2日 カーニバルオンコリンズと盆踊りに出店します〜ボランティアさんの声〜
    コメント(0)